ヒラスズキと津田カブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「荒磯の王者」や「サラシの化身」とも呼ばれるヒラスズキは、
寒いこの時期に美味しい魚です。
島根県松江の伝統ある津田カブを、
発酵という技法で酸味をだし、ヒラスズキと合わせました。

津田カブは全て美味しく楽しめます。
葉の部分をオイル漬けにし、茎の部分は発酵させてエキスをとり、昆布出しと合わせてジュレに。
真ん中の部分はムースに。赤い部分は発酵させて刻み、ヒラスズキに巻いて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メディアの皆様へ
取材のご依頼・ご相談は
お気軽にお問合せください
TEL 03-6263-0782
FAX 03-6263-0783